パンが太る理由と太りにくいパン3選!

食パン
この記事は約3分で読めます。

パンは太りやすいとよく聞きますよね。これってパンが好きな人は結構ショックじゃありませんか……。

そこで、パンが太るといわれている理由や太りにくいパンを3選紹介します。

監修者:管理栄養士のUさん
病態別の献立作成や厨房業務、栄養ケアマネジメントなどの経験があります。

パンが太るといわれている理由

添加物の多さ

ご飯もパンも同じ炭水化物ですが、パンの方が太るといわれています。その理由は、パンには砂糖やバターなどの添加物が含まれているからです。

食パンにジャムやマーガリンなどをつけるとさらに脂質や糖質が増えるので、塗り過ぎないようにすることが大切です。

カロリーの高さ

パンはご飯よりもカロリーが高めです。さらにGI値も高く、血糖値が高くなりやすいので気をつけましょう。

わかりやすいように100gで比較しました。

  • ご飯100gはおにぎり1個分
  • 食パン100gは4枚切り程度

と考えるとわかりやすいですね。

脂質炭水化物エネルギー
水稲めし精白米100g0,3g37,1g156kcal
角型食パン100g4,1g46,4g248kcal

水稲めし精白米は、炊いたご飯のことです。

ちなみに、炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものです。ほとんど糖質と考えて問題ありません。

消化時間の早さ

ご飯よりパンが太るといわれている理由は、消化時間も関係しています。ご飯より消化時間が早いパンは腹持ちが悪いです。

柔らかいパンは噛み応えが少ないので、満足感が少なく食べ過ぎてしまう人が多いのです。

脂質や糖質を摂り過ぎると、消費できなかったカロリーが内臓脂肪として蓄えられてお腹まわりから太ります。

パンで太る部位が痩せにくいお腹とはショックですね……。

太りにくいパン3選

いろいろなパン

パンが太りやすい理由を紹介しましたが、太りにくい種類もあります。これから紹介するパンは、美容や健康に気を使っている人から注目されています。

ライ麦パン

食物繊維が豊富に含まれているライ麦パンは、ハード系のパンで噛み応えがありダイエットにおすすめです。

全粒粉パン

精製されていない小麦粉から作られている全粒粉パンは、ビタミンやミネラルなどの栄養素がたっぷりです。

米粉パン

米粉から作られている米粉パンは、グルテンが含まれていないか含まれていても少量です。

私は米粉パンが好きですね。モチモチしていて美味しく、自然と噛む回数が増えます。

さいごに

パンは太るといわれていますが、パンの種類によっても変わります。

ちなみに、私のおすすめは冷凍パンのPan&です。ライ麦パンや全粒粉パンもありますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました