ダイエット中の主婦は家族の食事どうする?対策方法は3パターン

ダイエット中の主婦が1番頭を悩ませるのは家族の食事ですよね。

ダイエット中だから夜は食べずに家族の食事だけ作るという人もいますが、食事を抜くのは良くありません。食事を抜くダイエット方法は、体に良くありませんし長続きしないからです。

そこで今回は、晩ご飯を食べる前提で、家族の食事の対策方法を紹介します。

家族の食事も改善して1品多く作る

ヘルシーな食事

ダイエット中は、家族の食事も低カロリーでヘルシーなメニューにしましょう。とは言っても、ダイエットをしていない家族からしたら、ヘルシーな食事は物足りなさを感じるもの。

食べ盛りの子どもや夫のためにも、食べ応えのある料理を1品多く作りましょう。例えば、自分がヘルシーな豆腐ステーキやだし巻き卵などで良い時でも、家族のために食べ応えのある肉料理を作ります。

晩ご飯の品数が増えると料理が大変なので、昼や前日に作り置きしておきましょう。面倒ならスーパーのおかずや冷凍食品を利用すると便利です。冷凍餃子や冷凍唐揚げなどを2〜3個用意するだけでも家族に喜ばれますよ。

家族と同じ食事で食べる量を減らす

小鉢とお箸

ダイエット中でも、低カロリーやヘルシーな料理ばかりだと嫌になってしまう時があります。そんな人は、無理をせずに家族と同じ食事にしましょう。

家族と同じ食事にする場合は、食べ過ぎないように注意が必要です。例えば、とんかつや天ぷらなどの肉料理やこってりしたおかずを家族と同じ分食べていたら太ってしまう可能性があります。

おかずがあるだけ食べたくなる人は、自分の分だけ小皿に分けてカロリー調整をしましょう。もしおかずが残ったら、次の朝や昼に食べれば問題ありません。同じ料理を続けて食べたくない人はリメイクをすると良いですよ。

ダイエット中の主婦は別々に食事をする

ハンバーグ弁当を食べる女性

家族と食事をしていると、同じものが食べたくなる人やついつい食べ過ぎてしまう人もいます。ヘルシーな食事でも、誰かが少し残したおかずを捨てるのはもったいないからと食べることはありませんか?

こんなことをしていたら、1日の摂取カロリーをオーバーすることもあるので、悩んでいる主婦は、家族と別々に食事をしましょう。先に食べておけば、お腹が膨れて満たされます。特に夫の帰宅が遅い人におすすめです。

夫の帰宅時間に合わせて遅い時間帯に晩ご飯を食べるのは、ダイエット的にも健康的にも良くありません。ご飯は寝る4時間前、遅くても3時間前に済ませるのが理想的です。そうすれば、胃腸への負担を軽くできます。

家族と別々の料理を作るのが面倒な人は、冷凍宅配弁当を利用するのが良いですよ。栄養バランスやカロリーが考えられている商品が多いので、ダイエット中の主婦の強い味方です。

主婦は家族の食事を考えないといけないのでダイエットが難しいですが、無理な食事制限をせず、自分に合った方法でダイエットをしましょう!
タイトルとURLをコピーしました