おうちカフェ

〜和風カルパッチョレシピ〜盛り付け方も紹介!

カルパッチョのレシピはたくさんあるので、どれを作ればいいのかわからない人や好みの味付けがみつからない人は多いのではないでしょうか?

私は、お義母さんから教えてもらった和風カルパッチョのレシピがおいしくて気に入り、いつも作っています!

そこで今回は、和風カルパッチョのレシピだけではなく、アレンジ方法や盛り付け方なども紹介していきます。

そもそもカルパッチョとは?

カルパッチョは、イタリア発祥の料理です。イタリア料理なので、ソースももちろん洋風です。

元々は、薄切りの肉にソースをかけたものがカルパッチョっといわれていました。ですが、日本ではお刺身を使ったカルパッチョが多いですね。

今回は、お刺身と野菜を使った和風ソースのカルパッチョを紹介します。和風ソースなので、誰でも食べやすいと思います。

まみ
まみ

オリーブオイルを使わないから、家にサラダ油しかない人でも作れるよ!

和風カルパッチョのレシピ

サーモンとアボカドのカルパッチョ

  材料 分量
サーモン150g
アボカド1個
練りわさび小さじ1
薄口醬油小さじ2
サラダ油大さじ1
大さじ2
  • まずは、お皿に調味料を全部入れて混ぜる。
  • あとは、サーモンとアボカドを1cm程度の角切りにして加え、また混ぜる。
まみ
まみ

アボカドを切ったときに固いなと思ったら、レンジ600Wで30秒~60秒温めるとやわらかくなるよ!

アレンジ方法

そのままの分量で濃口醬油や合わせ酢を使っても大丈夫でした!

シンプルな味付けなので、どんな具材にも合うと思います。びんちょうまぐろとアボカドで作ってもおいしかったです。

メインの食材は、鯛やたこなどのお刺身ではなく、ローストビーフや生ハムにしてもいいですね。

カルパッチョの盛り付け方

カルパッチョの盛り付け方を紹介していきます。

カット方法

カルパッチョ盛り付け例①

カットの仕方でも、カルパッチョの盛り付け方が変わります。私は角切りにしましたが、薄くスライスして盛り付けるのもおすすめです。薄くスライスすれば、野菜を巻いて食べることもできます。

立体感を出す

カルパッチョ盛り付け例②

薄くスライスして盛り付けるときは、野菜と交互に並べたり野菜で高さを出したりしましょう。

綺麗に並べるのが苦手な人は無造作に盛り付けるのもアリです。

特別な日にはバラの形

記念日や誕生日など特別な日には、バラの形にして盛り付けましょう。使うお刺身はサーモンや鯛がおすすめです。

まずは、お刺身をくるくる巻いて重ねます。次は、縁の色が濃い方を上にして立たせ、縁を優しく引っ張って広げていきましょう。

彩りを意識する

カルパッチョ盛り付け例③

盛り付けでは彩りも大切です!赤、黄、緑の3色を意識すると華やかでオシャレになります。

赤…ミニトマト、レッドオニオン、ラディッシュ
黄…パプリカ、レモン、チーズ
緑…アボカド、サニーレタス、スプラウト

ソースの掛け方

オリーブオイル

ソースはカルパッチョと和えてもいいですが、盛り付けた後に斜め掛けにするとオシャレな仕上がりになりますよ!ソースは作らずに、市販のドレッシングを使えば簡単に作れますね。

まとめ

カルパッチョを作ると、食卓が華やかになるのでおうちカフェにもおすすめです。

まみ
まみ

気が向いたらわが家のカルパッチョレシピを試してみてね!

 

タイトルとURLをコピーしました