グルメ

パンを食べ過ぎた時は早く対処することが大切!

パン屋や食べ放題でおいしそうなパンを見つけて、ついつい食べ過ぎたことはありませんか。

私もその1人なのですが、手軽に食べられておいしいパンは、なかなかやめられないものです。ですが、パンを食べ過ぎた時は注意が必要です。

そこで今回は、パンを食べ過ぎた時に起こることやパンを食べ過ぎた時の対処方法などを紹介していきます。

監修者:管理栄養士のUさん
病態別の献立作成や厨房業務、栄養ケアマネジメントなどの経験があります。

パンを食べ過ぎた後に対処が必要な理由

パンを食べ過ぎて内臓脂肪が増えると、糖尿病や高血圧症など生活習慣病の原因になる可能性があるので注意が必要です。

パンには糖質が含まれていますが、食べ過ぎた糖質をそのままにしておくと、2日後には脂肪に変わってしまいます。ちなみに、脂肪が目に見える形になる期間は、2週間と言われています。

糖質の摂取量に気をつけよう

糖質の1日の摂取量は、その人の体格や活動量によっても違います。

『日本人の食事摂取基準2020』には、糖質の摂取量の目安は書かれていなかったので、食事摂取基準をもとにした目安量を紹介します。

成人男性の平均は約300gで、女性は約200gです。運動量の少ない女性(必要エネルギー1600カロリー)の場合でも、180gは摂取した方がいいですね。糖質制限中の人は100gを目安にしましょう。

1日の糖質を200gにするなら、1食65gぐらいがいいですね。パンの種類にもよりますが、糖質を気にしているなら、1食に1〜2個がおすすめです。

パンを食べ過ぎないようにすることも大切ですが、パンを食べ過ぎてしまった時は早く対処しましょう。

パンを食べ過ぎた時の対処方法

パンに限った話ではありませんが、「食べ過ぎた時は明日の食事を控えめにしよう。」と思う人が多いのではないのでしょうか。

その方法もいいと思いますが、おすすめなのは有酸素運動をすることです。食べたものが脂肪になってしまう前に、有酸素運動をして消費しましょう。

食後に有酸素運動をする時は、30~60分ぐらい時間を空けてくださいね。

食後30~60分ぐらい経つと胃の消化が始まるので、糖質が吸収され血糖値が上がります。このタイミングで有酸素運動をすると、血糖値を下げることができるので脂肪になりにくくなります。

私が家で実践している方法

有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、長時間続けて行う運動です。ですが、食後は家から出たくないと思う人もいますよね。

そんな人には有酸素運動のひとつであるヨガがおすすめです。ヨガは体への負担が少ないので、運動が苦手な人でも取り組みやすい有酸素運動です。

どんな有酸素運動にしても、無理をしないことが大切ですが、できれば10分は頑張りましょう。

まみ
まみ

私のおすすめは、ゲーム感覚で有酸素運動ができるリングフィットアドベンチャー!

私は、パンだけではなく、ちょっと食べ過ぎたなって思った時は、リングフィットアドベンチャーでヨガやストレッチ、スクワットなどをしています。スクワットをする時は、気持ち悪くならない程度にしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました